上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.19

今年も残り10日あまり・・・、



政権変わって、株価上がって、景気良くなるのかこの国は・・・。

脱デフレ?



いろんなニュースがアタマの上を飛び交う師走の今日です。




でも、ブレずに、

少しずつ前進、。



近頃オーダーの多い

TEAM PSC 川島慎治PROのシグネチャーモデル、 ”No.10" でございます。

10.jpg

パドリングから始まりテイクオフの速さはどのボードよりも早く、一度ボードが走り出しスピードに乗ると、重さもあることも手伝い、突き進みながら波のポケットをぬけ出し次のセクションまで走り抜けて行くことが出来ます。

長く、深く掘られたノーズコンケーブは安定感は勿論、もう一つ上のギアに入ったかのようなスピーディーな加速を、そしてそのトップスピードをキープしながら次のアクションへと導いてくれる。

マニューバー性を高める為にダウン気味に落としたソフトなレールとやや細めなテール幅、強めに設定したテールのロッカー、この絶妙なコンビネーションがレールを入れやすくし、キレと伸びのあるターンを可能としてくれる。

ロングボードの醍醐味であるハングテンを楽しめるボードです。

と、一応カタログ上の文句を書いてみますが・・・。


もっと、重く出来るの??

ラミネーターのSHO-1君と相談して、どうすれば重くなるかな?


Deck : V-8oz + V-8oz
Bottom : V-8oz + E-6oz

で、樹脂多めに残して、

バフのクリアーも多めに残してもらって、

HEAVY

21828d.jpg
21828b.jpg



でも、片方では



軽いノーズ・ライダーって、あり?


だって、重いのは・・・。



じゃあ、EPSで作ってみたら・・・。

Deck : E-6oz + E-6oz
Bottom : E-6oz

LIGHT


21838d.jpg
21838b.jpg


片手でも持てそうなくらい軽いノーズライダー


どちらがいいとは言いません!!



どちらでも、お好きな方をどうぞ。



皆さんのリクエストを形に。






スポンサーサイト

先日の黄金週間に納品させていただいたロングボード達。

今日は4連続でお送りします。


Allround Model 名前の通りオールラウンドに使える1本です。ノーズもあり、ステップバックしてマニューバーもあり、テイクオフも抜群に速く、どんなコンディションでもOKです。

21755d.jpg
21755b.jpg


K-Performance(PU) オールラウンドモデルよりも少し広めのアウトラインのノーズと絞り込まれたテール、少し強めのロッカーがいまのコンテストシーンには欠かせないマニューバー&ノーズを可能にしてくれるパフォーマンスボードです。

21749d.jpg
21749b.jpg


K-Performance(EPS) K-Performanceの”EPS”バージョン。更に軽く、そして早く、を実現したハイ・パフォーマンス・ボード。

21757d.jpg
21757b.jpg


川島慎治PROのシグネチャーモデル "No.10"
好きなだけノーズにいてください。


21738d.jpg
21738b.jpg



皆さんはどれがお好みでしょうか?






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 PSC SURFBOARDS blog, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。