Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーフィンライフ 8月号

1-2.jpg

先日のNSA東京支部予選ガールズクラスを勝ち上がり見事、本戦出場のチケットをゲットした

東京・RALU SURF 所属

島田 真凛ちゃん

P7200209.jpg

本戦、三重での活躍期待してますよ。


皆さま、応援、宜しくお願いします。






スポンサーサイト

やっと届きました。 US SURFING MAGAZINE

日本の波が50ページ以上

20111125.jpg

ゆっくり読みたいです。


Hope everyone smile.....................


Released a few days ago.

SURFTRIP JOURNAL No.9

07211447_4e27bd85e9c4c.jpg


Watanabe Bros. went to Izu from Fukushima.

PSC TEAMMANABU WATANABEmany shots.

Enjoy surftrip.




I hope everyone smiling.










TEAM のケイスケとBROKENがやっているBudiasaから

CLIPS2のトレーラーが公開されました。



coming soon...


時代はやはりペーパーレスへ向かっているのでしょうか?

サーフィンマガジンの新しい方向性です。

GO NAMINORI vol.3

main_r.jpg



皆さんご存知ですか??


PSC TEAMの

ImaDケイスケがP.100,101でU-SKE君のPhotoでBaliで、

プリンス学がP.194,195でテッタ君と一緒にハワイで、


是非皆さんチェックしてみてください。

先日発売された『SURF 1st #089』

surf1st#089cover


Baliでの今田ケイスケPRO2ページ見開きSHOT

20100601surf1st keisuke

相変わらずスタイリッシュなエアーを決めてくれてますね。


朝、4時の暗いうちから毎日通っていた結果ですね。






FLOW #035が届きました。

flow035cover.jpg


PSC TEAM PILOTのケイスケがRONINの広告に出てます。

FLOW035.jpg


P.25の写真のフィン気になるな~。
怪我しそうだけど、、、。

飛行機の羽の形ですね。




1月29日(金)

サーフトリップジャーナル2010 3月号

STJ201003cover.jpg

ケイスケがRONINの広告で出てます。

201003stjkeisuke.jpg


SURF 1st 2010 3月号

surf1st201003cover.jpg

マナブが茨城特集で出てます。

1st201003manabu.jpg

8月11日(火)


8日(土)~10日(月)

ビーチパークの夏季ツアーのためお休みしておりました。
ご迷惑おかけしまして申し訳ございませんでした。

今日からまた通常業務しております。


昨日から湘南もサイズアップし始めて今朝はアタマくらいの台風スゥエルがブレイクしていました。

デジカメが洗濯物のズボンのポケットに入ってて逝ってしまいました。

新しいのをゲットできるまでは人様の写真を拝借させて頂きます。





今月10日発売のサーフィンライフでは PSC TEAM PILOTが二人とも活躍してくれました。

20090910lifecover.jpg

まずはマナブ君

「は~~い」

200909Slife.jpg

続いてケイスケ君

200909Slifeksk.jpg

(写真はビーチパークのブログから拝借)

静岡沖の地震は被害が小さいことをお祈りいたします。

7月10日(金)

サーフィンライフ 8月号

20090710 lifecover

平塚特集でケイスケが出てます。

20090710life ksk

相変わらずかっちょえーですね。カメラマンはU-SKEくんです。ありがとう。

明日から北へ向かいます。Secret.の皆さんよろしくお願いします。




サーフィンライフ 2月号

サーフィンライフ20092

凄い写真を発見しました。

slife 20092copy

TEAM BOLT時代の字原氏です。

11月12日(水)

先日届いてたのですが、ゆっくり見ようと思って机の上に置きっ放しでした。

CIMG1612STJ56cover.jpg
SURF TRIP JOURNAL 56

開いて、2秒後・・・

10月3日(金)

新しい「SURFING」誌が届きました。

surfing20081003cover.jpg

その中に書かれていた記事

PSC SURFBORDSのファクトリー設立当初から始めていたこと。(つまり7年前)


廃棄物の有効利用。すなわち、RECYCLE(リサイクル)の事です。

詳しくはこちらの記事を見てください→ 
http://pscsurfboards.blog51.fc2.com/blog-entry-169.html
http://pscsurfboards.blog51.fc2.com/blog-entry-55.html

アメリカでもようやく始まりましたサーフボードの製造時にでる廃棄物のリサイクルが・・・。

アメリカでも日本と同じように良質のアスファルトやコンクリートに生まれ変わるそうです。

surfing20081003記事

左から RON PRINGLE、MATT BIOLOS(MAYHEM)、STEVE COX、JOEY SANTLEY です。


9月10日(水)

サーフィンライフ 10月号です

sl200810covercopy.jpg

PSC TEAMの今田ケイスケ&ハワイアンGUYSシバッツ&NickMita、茅ヶ崎YOUNG GUNS佐藤カズヤ&全日本チャンプ大橋カイト&センダリアン松岡ケイト、フォトグU-SKEBudiasaBrokenのハワイ・サウスショアでのショットです。



8月20日の産経新聞に載っていた記事です。

「美しい海岸 消失の危機」
茅ヶ崎・九十九里浜 ダムや漁港整備で侵食・・・復活には数十年

産経新聞20080820

神奈川県の茅ヶ崎や千葉県の九十九里の海岸侵食のことが書かれていました。(以下抜粋)

[神奈川]
「茅ヶ崎は起伏のある遠浅でいい波が来る海岸だった。今はサーフィンもしづらくなってしまった」
 海岸の保全運動を行っている「ほのぼのビーチ茅ヶ崎」の伏見康博さんは残念そうに話した。
 神奈川県土木事務所によると、同海岸は約50年間で砂浜が50㍍後退し、平成17年には消失することに。「沖から砂が減っていき、目に見えて分かるようになってからは加速度的に減っていった」と鮫島強課長。相模湾内の平塚海岸や材木座海岸、映画「稲村ジェーン」の舞台になった稲村ガ崎も同様に侵食が進んでいるという。

 現在、県が主体になり、相模ダムにたまった土砂を砂浜に運ぶ砂浜再生事業に取り組んでいる。ただ砂を入れるだけでは海がにごるため、岸辺に砂を置き、波の力で砂を洗いながら運んでもらう。今後10年間に年間約3万立方㍍(10㌧トラックで約5400台分)もの土砂を運搬し、海辺に敷く予定だ。ただ、費用は19年度だけで2億円かかった。
 全国の海岸を研究している土木研究センターのなぎさ総合研究室の宇多高明さん(工学博士)は「海岸は貴重な財産。自然のメカニズムを尊重すべきだ。茅ヶ崎は思いの強い人達が多く行政や住民が立ち上がった。侵食に対する取り組みでは先進的」と話す。
 海岸が元に戻るまでは最低でも数十年はかかるというが、自然の持っている力を生かして元に戻したいという。


[千葉]
 千葉県東沿岸の九十九里浜。長さ約60㌔におよぶ砂浜が走る。だが、現在は南、北端の海岸侵食が深刻化し、海水浴場がここ10年で10ヶ所以上も消えてしまったという。原因は、漁港整備による潮流の変化などが指摘されている。
 九十九里浜北部の堀川浜も激しい浸食にさらされている。 「30年ほど前は野球ができるくらい砂浜が広かった」(地元70代男性)というが今は見る影もない。
 侵食を防ぐため、県は平成16年に人工の岬を設置した。徐々に周辺に砂がつき、新しい砂浜ができつつあるという。しかし、岬周辺は離岸流が起き、水難事故が起きやすくなるため、安全の配慮が欠かせない。
 九十九里浜の一部は護岸工事の繰り返しでコンクリートに覆われ、かつての「白砂青松」が消えつつあるため、県は15年に「千葉東沿岸海岸保全基本計画」を策定して本格的な対策に乗り出した。


 海岸線での土砂の流出が堆積を上回って起きる海岸侵食で失われる国土は、年間160㌶と加速度的に進行しているという。
 国土交通省によると、明治中期から昭和53年までの70年間で失われた土地は5059㌶、年平均72㌶だったのに対し、54年からの15年間は2359㌶とハイペースになった。このままだと30年後には三宅島の面積に相当する4800㌶が消える計算だ。
 侵食の大きな要因は、ダムなどで河川が海岸に堆積させる土砂量の減少だ。顕著なのが静岡県や富山県など、中部山岳地帯を源とする河川の河口がある地域だ。フォッサマグナ(中央地溝帯)が走り、地滑り多発地帯となっているため、河川の土砂運搬量が多く、侵食で景観を変えた。日本三大砂丘の一つ、静岡県浜松市の中田島砂丘(南北約0.6㌔、東西約4㌔)は天竜川の上流部にダムができたため、海岸線が毎年約5㍍後退。平成15年に砂丘に埋め立てられていたゴミがむき出しとなった。
 そのうえ、波の衝撃を和らげる機能をもつ砂浜なくなることで、高波の影響を受けやすくなる。国は、全国の砂浜の海岸約150ヶ所で侵食の対策工事やダムの放流法、工法の見直しも始めている。


 


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 PSC SURFBOARDS blog, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。