上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSC SURFBOARDSをシェイプする凄腕シェイパー 字原三喜男(Mikio Azahara)

CIMG3485aa.jpg

1954年11月7日生まれ。
茨城県日立市出身、神奈川県茅ケ崎市在住。
サーフィン歴 36年、シェイピング歴 31年。
1977年 JPSAプロテスト合格
1982年 ライトニング・ボルトのヘッドシェイパーとなる。
1996年 AZサーフボード設立
2002年 PSCサーフボードのヘッドシェイパーとなる。

「全てのサーフィンマニューバーはスピードによって生みだされる」というコンセプトのもと、あらゆる波質と、サーファーのニーズにベストマッチするサーフボードをプロデュースし続けているのがPSCサーフボードのシェイパーである字原三喜男である。

シェイパーとしてのキャリアと同様に、サーファーとしても30年以上のキャリアを誇る字原は、サーフボードの進化とともに歩んできたベテランであり、サーフボードに求められているポテンシャルを、サーファーのニーズに合わせてチューンナップし、最高と言ってもらえるかどうかにとことんこだわるという、まさに職人気質のベテランシェイパーである。



スピードを意識するというコンセプトは、プロサーファーとしての経験などがベースになっていることはもちろんだが、セイルボーディングにも精通する字原が、サーフィンとは次元の違うデータをさらにフィードバックさせることで、より完成されたデザインへと昇華されている。なかでも洗練されたアウトラインと、計算され尽くしたロッカーは、使う波質や、サーファーのニーズを細かくフィードバックしたうえで字原のハンドシェイプによって削りだされ、独自のボトムコンケーブとのマッチングによるスムースな加速性能は驚くものがある。



レベルはさることながら、サーファーが何を求めているかを的確に把握してシェイプデザインへと正確に結び付けるのがシェイパーの義務だともいう。サーファーとのコミュニケーションを着実に反映できるハンドシェイプのよさを大切にし、世界中のサーファーに認められるボードを提供する為に、1本ずつを大切に積み重ねていくことを目指している。

P6140136a.jpg




















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 PSC SURFBOARDS blog, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。